資金調達を行うための様々な方法とは

企業が資金調達を行う方法はいくつもあります。その中の1つが銀行融資です。自社で行う事業内容や自社の事業成績などを鑑みて融資を受けられるかが決まります。無事に融資を受けられれば比較的低金利での資金調達となりますが、審査は厳しく、業績が順調でかつ事業内容に成功する見込みがある場合ならば、融資を受けられる可能性が高まります。 銀行ではなく日本政策金融公庫の創業融資をうけることもできます。日本政策金融公庫では新創業融資制度というものが用意されています。この制度では上限1000万円までという決まりがあるものの、低金利での融資を受けることが可能です。企業をスタートさせるための資金を用意するという点でメリットが大きいと言えますが、ある程度軌道に乗ってくるとやはり銀行からの融資が重要となります。

投資家から融資を受けるという方法も

昨今では個人的に投資を行っているという方が多くなりつつあります。何らかの形で個人投資家の方と知り合いになれば融資を受けられる可能性もあります。事業を行っている間に個人投資家と出会うというケースが増えるかもしれません。 ベンチャーキャピタルからの出資を受けるという方法もあります。成長段階の企業であっても投資してくれるベンチャーキャピタルも少なくありません。ただし、出資には条件が用意されていて、基本的に事業計画の規模がIPOを超えていること、5年以内の上場を目指していることなどが挙げられます。具体的な条件を知りたい場合は調べてみることをおすすめします。 意欲的に活動する企業であれば出資を受けられる可能性が高くなり、事業拡大の際にも助けになります。

信用保証協会からの制度融資を受ける

企業の創業時には信用保証協会の制度融資を受けることも可能です。国民政策金融公庫の創業融資との違いは、金利がより安いことと、審査に時間がかかるということです。審査には約2ヶ月を有するので、すぐに資金が必要という状態ならば、他の手段との併用が考えられます。 国や地方公共団体用意している助成金を利用する方法もあります。企業が設立することは地域経済を盛り上げることに繋がりうるため、基本的に国や地方公共団体では企業が生まれることに対してある程度前向きです。融資とは異なり、返済が不要であるという明確なメリットはありますが、こちらも非常に時間がかかるため他の手段との併用が必要になります。助成金を受け取れることが分かったらなるべく早く申請しておくことをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加