個人事業主が資金調達を行うときの注意点

事業規模の大小にかかわらず、何らかの事業を行っている方にとって事業の継続および成長のためには事業資金の確保はかかせません。日々の運転資金が枯渇すると取引先への支払いが滞りがちになりますし、従業員への給与も払えなくなるケースも出てきます。そうなると事業者としての信用を失い事業継続が困難となります。 また事業を成長させていくためには設備投資や人的投資が不可欠ですが、先立つものがないと思い切った投資を行うこともできません。 しかし信用力の大きな大企業ならともかく、細々と事業を行っている個人事業主の場合には資金確保の手段が限られているのが実情です。いざまとまった資金が必要になったときに困ることがないよう、あらかじめどのような形で資金を調達することができるのか頭に入れておくことは重要です。

ビジネスローンを利用して資金を調達する

信用力に劣る個人事業主では大企業のように増資や社債発行などの資金調達手段をとることはできません。そこで資金が必要になった場合にまず検討すべきなのが、金融機関からの融資による事業資金の調達です。どこの金融機関から融資を受けるべきかについてはさまざまな考え方がありますが、まずはメインバンクに相談してみましょう。特に地方銀行や信用金庫などの地域密着型の銀行をメインバンクにしている場合には、経営が健全であれば個人事業主であっても積極的に融資を行ってくれるケースが多いです。 ただし借り入れ金利には注意が必要です。メインバンクから色よい返事がもらえたので喜んで借り入れたものの、実は他行と比べてかなり高い金利で貸し付けられていたというケースも少なくありません。何百万円単位でお金を借り入れる場合には金利が1パーセント違うだけでも利息が大きく違ってきます。金利だとちょっと高いなという場合は、これまで取引のなかった銀行にも相談を持ちかけるなどしてもっと低い金利で融資を受けられないか調べてみましょう。

大至急の資金調達ならノンバンクの利用も

新しい事業のための資金を調達する場合には、いろいろな金融機関を当たって一番よい条件で融資してくれるところを選ぶことは、金利コストを抑える観点から有効です。しかし運転資金が枯渇しそうという場合など、まとまった資金を大至急調達することが必要な場合は悠長なことをやっていると間に合いません。 急ぎで資金を確保する必要がある場合にはノンバンクのローンを利用することも検討してみましょう。ノンバンクのローンのメリットの1つは簡単に事業資金を借りられる点です。個人事業主の場合銀行などの融資では断られるケースもありますが、ノンバンクのローンなら必要書類も少なくて審査に通りやすく借り入れ容易です。 また申し込みから借り入れまでの期間が短いのもメリットの1つとして挙げられます。申し込んだ日の翌営業日に借り入れできることも多く、明日にもまとまったお金が必要という場合に頼りになります。ただし銀行などの融資と比べて金利が高い点には注意が必要です。あくまでも当座をしのぐための利用にとどめ、利用した場合でも早めに返済することが好ましいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加