資金調達をするための幾つかの方法

どんな会社にとっても資金調達は大切な経営上の問題の1つになります。上場企業が資金を調達しようとしたときには実績があり信用されているため、経営の状況が極端に悪くならなければほとんどの場合は銀行などといった金融機関から融資してもらうというのが資金を調達する主な方法になります。
上場企業が他の方法で資金を調達したい場合は株式を利用して資金を調達するというのも便利な方法の1つとなります。ただ株式市場は株価がいつも激しく変動しているため、資金を安定した状態で調達できるとは限らないので注意をする必要があります。失敗すると資産が減ってしまうことがあるため慎重に行うべきです。
しかし新株を発行するとまとまった金額の資金が一気に調達することができるので、大きな規模の事業を展開するときには株式を利用して資金を調達するのが良い方法になります。

新株を発行することによって行う方法

上場企業は株を株式市場で売買することによって不特定多数の投資家の方に自分の企業の株を買ってもらうことが可能で、株式を売却することによってたくさんの金額の資金調達をすることが可能となります。株価が下落したときに資産の価値が下がってしまったり、新株を発行するなど株式を大量に発行する場合以外は資金の調達が難しいというデメリットがあります。
しかし株式を売却したことによって得られた資金は嬉しいことに金融機関から融資してもらったときのように返済する必要がありません。株価が上昇すれば株式を購入した資産家の方も儲かりますし、会社の資産価値も高まるので、上場企業にとってもメリットが大きくなります。
得られた資金は好きな方法で使うことが可能で、金融機関から融資してもらった場合のように利息を支払う必要がないというのも大きなメリットになります。

メガバンクなどの金融機関から融資してもらう方法

大手と呼ばれるような会社であればメガバンクから融資して資金調達をしてもらうことができます。新株はそう簡単に発行することはできませんが、金融機関から融資してもらうのであれば必要なときに必要な金額だけ調達することが可能です。
しかし経営規模が比較的小さな会社の場合は、銀行が行う審査になかなか通過することができず、資金を調達するのに悩みを抱える場合があります。また審査に通過できたとしても、借り入れた金額によっては原本に利息を含めて返済するために会社の運営に大きな影響を与えることがあるので、融資による資金の調達に頼り過ぎるのはリスクがあります。
ところが金融機関からお金を融資してもらって資金を調達する方法は、常に株価が変動する新株発行による資金の調達とは異なり、安定した状態で借り入れることが可能なので、そういった面では一定のメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加